2017/01/06

2017 念頭の挨拶



年頭にあたり、2017年に向けた思いをお伝えします。

昨年は世界中で劇的な変化が数多く起こり、今年は更に不確実性が増すなどといわれています。
我々は、活動当初から、時代の変化スピードや不確実性などを常に最重視して活動してきており、それらに対応するための新たな音楽の解釈や提供方法の考案、実践を絶え間なく続けてきたことで、シーンでの地位を確立して参りましたが、酉年ということもあり、より一層広い視野でシーンを俯瞰し、新しい価値提供のスピードアップを図っていきます。

昨年度の活動においては、シーンに生き残るために求められることを的確に把握し、シーンの裏側を深く知ったうえでキメ細やかなパイセン対応をするなど、日々並々ならぬ努力をされたTPP若手メンバーには大変感謝しています。本当にありがとうございます。今年はより一層のシーンへの楔の打ち込みに大いに期待します。

さて、私たちの基盤事業であったダンスホールミュージックの日本国内での市場規模は年々縮小し、従来のビジネスモデルでの活動領域の創出はどんどん難しくなってきています。
このような状況は、かねてから想定していたことであり、そのために「TOKYO POSE POSSETPP)」での活動を加速・進化させてきた訳ですが、お客様、シーンの求める新しい価値観に応えられるよう、より一層の進化をするために、今年考えていることをご説明します。

一つ目は、TPPにおける活動領域拡大です。市場の伸びが見込みにくい領域ではあるものの、世界的なBPM100ブームは流行から定番に移りつつあり、付加価値の高い音楽を海外向けに提供(得にネット上)することで新たな活動領域を拡大します。

二つ目は、将来のTPPを支えるメンバーの早期育成です。メンバーそれぞれが持つ得意分野で成長性が見込まれるものがいくつもありますので、それらについて、主体的な活動を促し、チームとしても重点的に強化していきます。

チームの総力を結集して、未来を見据えた強いTPPを作り、「オーディエンスサティスファクションの最大化」という使命を最優先に、お客様の真の「楽しさ」に貢献し、「流行」を新しい価値として提供することにチームの総力を挙げて取り組んで参ります。また、昨年以上に、お客様や業界からの「良かった」の輪を広げて、シーンの発展に寄与できるよう楽しく活動していきたいと思います。


最後になりましたが、この一年の皆さんとご家族のご健勝とご活躍を祈念いたしまして、新年の挨拶といたします。

2016/11/30

終わりの始まりに備えるには



前回の続き

時代の変化に柔軟に対応しないといけないということは延々言い続けてるけど、じゃあどういう風に変化していけばいいのか、どんな情報を掴んでどんな流行選択すれば正しい変化についていけるのかというと難しい。
これだけ情報が簡単に手に入るんだから簡単だろうという人もいれば、情報がありすぎるから良くないんだという人もいますよね。

情報が簡単に手に入るし発信できるから、世界中と時差なくそれっぽいことを簡単に出来るし、出来てるように見せることも簡単だからとりあえずそれをやればいいという人もいます。情報収集をしっかりしてその時点の流行をキャッチできれば、その時点でそれなりに見えるスタンスを演じることは簡単にできるし、そのハードルは極端に下がったからそれをやらない手は無い。それすら出来ていないのは情弱でプレイヤーとしての価値がないと。

逆に、これだけ情報が簡単に手に入る時代になっても、変なことを言う人ばっかり増えて誰もちゃんとした未来の流行予想なんてできてないし、むしろ正解なんかなくなったという人もいます。昔だったら、例えば海外のDJが何をかけて何を着ているか知ることすら非常に難しかったからそれを真似してフォローできている時点で一定の評価を得ることが出来た(これを昔はリアルという言葉で定義し重要な価値基準とした)けど、今はそんなのインスタ見れば一瞬だからそれをフォローすることが正解でもないし、そんなことに価値はない。昔言葉のリアルという概念がなくなったんだから、情報に左右されずに独自のスタンスを貫けないならプレイヤーとしての価値がないと。

 どっちも重要なんだけど、結局は当たり前のことを当たり前にできる常識を持ってさえいれば、情報にまどわされることなく、変な予測をする必要もなく、身勝手な独自路線を歩むこともなく、それなりに上手く波乗りできます。

 じゃあそのベースになる常識ってなんなのか?常識すら変わっていってるのか?というのはまた次回

2016/11/15

終わりの始まり





こういう風に捉える向きもあるけど、日本のクラブシーン全体を俯瞰すると全然違って、
ショーンポールなどが現状に苦言を呈していたのと同じく、結構危機的な状況だと思ってます。
終わりが始まった感が凄まじい。

ヒップホップやダンスホールがロービートというフォルダ名のカテゴリの1つ(もはやジャンルですら無い)
に成り下がってしまったので、来年このブームが去ったあとには何も残らないでしょう。
フォルダごと削除して終わり。

時代に合わせて変化していくことは必須だけれど、本質を見ないで上辺だけ時代の変化をなぞるのは本当の変化ではない。

今のシーンをみると、変化しないことでシーン守ろうとする方向にみんなが向かっているように感じるけど、
本質を伝えながら変化を促していくことが重要だと思う。

極力そのようにしていきたい。
害と思われないように。

そのためには、何倍も先をいって自分が変化し続けなければならない。
おっさん達もっと頑張ろうよ。

終わりの始まり





こういう風に捉える向きもあるけど、日本のクラブシーン全体を俯瞰すると全然違って、ショーンポールなどが現状に苦言を呈していたのと同じく、結構危機的な状況だと思ってます。終わりが始まった感が凄まじい。

ヒップホップやダンスホールがロービートというフォルダ名のカテゴリの1つ(もはやジャンルですら無い)に成り下がってしまったので、来年このブームが去ったあとには何も残らないでしょう。フォルダごと削除して終わり。

時代に合わせて変化していくことは必須だけれど、本質を見ないで上辺だけ時代の変化をなぞるのは本当の変化ではない。

今のシーンをみると、変化しないことでシーン守ろうとする方向にみんなが向かっているように感じるけど、本質を伝えながら変化を促していくことが重要だと思う。

極力そのようにしていきたい。
労害と思われないように。

そのためには、何倍も先をいって自分が変化し続けなければならない。
おっさん達もっと頑張ろうよ。

2016/09/19

VANS

僕はVANSが嫌いだ。

こんなにかかとが痛くなる靴は他にない。

だからVANSが嫌いだ。

デザインは嫌いじゃない。

おしゃれな人がいるところ(展示会など)に
履いていくのに無難で便利なところは重宝している。

でも、そういう風潮は大嫌いだ。

VANSであればおしゃれみたいな空気が嫌いだ。

高い靴買えたら買うくせに。

だから結局VANSは嫌いだ。

だってかかとが痛いから。

雨の日のVANSが嫌いだ。

雨だからVANSにしているのに普段よりかかとが痛い。

だからVANSが嫌いだ。

好きだけど嫌いだ。